紫からし検品所

ミニマリストになりきれない私の持ち物、全部掲載。こだわり紹介や思い出話をしながら、持ち物を整理していきます。ときどき動植物の観察日記も。

ホットサンドメーカー:挟んで焼けば大体なんでも美味しくなる

本日は、ホットサンドメーカーのご紹介。

f:id:purple-karashi:20211011115205j:plain:w400

昨年、誕生日プレゼントとして友人に貰いました。
料理が得意ではない私でも、それっぽいものが作れる素敵アイテムです。友達、よくわかってる!


■挟む

食パン2枚を2セット同時に焼けます。

f:id:purple-karashi:20211011115238j:plain:w400
我が家では、2人分を作るのにちょうど良い!
本当に、何を挟んでもおいしいので便利です。
例えば夕食の肉野菜炒めが余ったら、食パンにサンドして焼くだけで翌日の昼食として持っていけます。
もちろん、ゆで卵や生野菜を挟めば、いわゆるカフェにありそうなホットサンドになります。
具材を乗せ過ぎたり、食パンが厚すぎたりすると、挟む時にフタが閉まりにくくなるので要注意。そうとわかっているのに毎回ぎゅうぎゅうになり力技で閉めています…よくない……

■加熱

スイッチなどはありません。
コンセントに挿したら加熱開始。抜けば加熱終了。とても単純でわかりやすい。
加熱中と加熱直後は本体外側まで熱いのでヤケドに注意。
タイマー機能もないので、3分くらいをキッチンタイマーで測り、フタを開けて焼け具合を確認します。

■食べる

焼きあがったら、三角形のサンドが4つできます。
f:id:purple-karashi:20211011115336j:plain:w400
包丁でカットするときれいになります。
それぞれパンの端がいい感じに押しつぶされていて、中身が飛び出しにくくなっています。これが地味に嬉しいポイントです。
外側がカリッとして美味しい。
お弁当として持ち出す場合には、温め直すと更に美味しくなります。

■メンテナンス

キッチンペーパーや清潔なふきんで、パンくずを払ったり水拭きしたりするだけ。
コードは本体に巻き付けて、コンパクトに収納できます。

f:id:purple-karashi:20211011115356j:plain:w400
縦置きも可能。


まだ挑戦したことがなくて、今作ってみたいものはライスサンドです。パンだけじゃなくライスでも作れるそうなので。
付属のレシピブックにいろいろ載っています。

食事のレパートリーがなくなってきたな~と思ったらホットサンドに頼ればOKですね。
一台あると便利で、プレゼントとしてとても嬉しいアイテムでした。


私はパールアクアを貰いましたが、カラーは他にもあります。


同じメーカーで、ハーフサイズも出ているようです。食パン1枚で、カットせずに作れるのは手軽で良いですね!


宮野真守さんのライブパンフレット:作り込みがすごいって話②2016~2020

宮野さんのライブ「MAMORU MIYANO COMEBACK LIVE 2021 〜RELIVING!〜」が本日と明日、開催されます。
昨日に引き続き、宮野さんのライブパンフレットを紹介します。

f:id:purple-karashi:20211007195248j:plain:w400

前回の記事はこちら↓

purple-karashi.hatenablog.com

それでは続きです。

■MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2016 〜MIXING!〜

f:id:purple-karashi:20211007154010j:plain:w400 f:id:purple-karashi:20211007154018j:plain:w400

過去にリリースした楽曲をモチーフにした写真が満載。
過去のPVやジャケット写真に似た衣装や背景、楽曲からイメージされる表情だったり文字だったり。活動を追ってきたファンには伝わる…!という内容でした。
ツアー中に泊まっていたホテルで、友達と一緒にパンフレットを開き、これはあの曲!とワイワイ予想するの楽しかったな。
いろいろMIXしたお祭りライブでした。


www.youtube.com


■MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2017 〜LOVING!〜

f:id:purple-karashi:20211007154232j:plain:w400 f:id:purple-karashi:20211007154240j:plain:w400

テーマパークみたいなライブでした。パンフレットも完全に宮野さんとの横浜デートです。
みなとみらいの海沿いを歩き、コスモワールドの観覧車に乗るコース。
もちろん後日、友達と撮影地の巡礼をしました。


www.youtube.com
宮野さんとファン全員が、だいすきー!って伝え合うかのような、とんでもなくハッピーなライブでした。


■MAMORU MIYANO ARENA LIVE TOUR 2018 〜EXCITING!〜

f:id:purple-karashi:20211007154309j:plain:w400 f:id:purple-karashi:20211007154317j:plain:w400

このパンフレットは、バルセロナとパリで撮影をしています。随分とスケールが大きくなってきました。ライブもアリーナツアーですし。
日本ではない都市で撮影されたものは、やはり全然雰囲気が違いますね。
ページ数のボリュームもすごい。

f:id:purple-karashi:20211007154355j:plain:w400 f:id:purple-karashi:20211007154402j:plain:w400
表紙のカバーを開くと地図のような模様が現れる素敵ギミック付きです。


www.youtube.com


■MAMORU MIYANO ASIA LIVE TOUR 2019 ~BLAZING!~

f:id:purple-karashi:20211007154448j:plain:w400 f:id:purple-karashi:20211007154455j:plain:w400

いよいよアジアツアーです。台北・上海での公演もありました。
スーパープレイヤーって感じのカッコイイ写真が多いです。
赤い硬質カバーが今までにない感じ。


www.youtube.com


ライブパンフレットのコンセプトは、いつもアートディレクターの齋藤一彦さん(Stylus)と宮野さんが話し合いながら決めているそうです。

f:id:purple-karashi:20211007164612j:plain:w400

素敵な作品を毎回ありがとうございます!!


最後に…

■ROAD TO LIVING!

f:id:purple-karashi:20211007161503j:plain:w400 f:id:purple-karashi:20211007161511j:plain:w400

2020年に開催予定だった、初めてのドームライブがコロナの影響で中止になってしまいました。
その時に付けるはずだったライブタイトルが、「LIVING!」でした。
それから販売予定だったパンフレットを再編集し、「ROAD TO LIVING!」としてフォトブックを販売してくれました。
ヒト・生物・街並み・大地などあらゆるものから生命を感じる写真です。

中止になった悔しい思いや時間を経て帰ってくる今度のライブが、「RELIVING!」です。
奇しくも、ドラマチックなタイトルと展開。


配信ライブ「STREAMING!」もありましたが、有観客ライブは2年ぶり。
「MAMORU MIYANO COMEBACK LIVE 2021 〜RELIVING!〜」
本会場・ライブビューイング・配信で参加の皆さん、楽しい時間を過ごしましょう!
ご興味のある方は是非これからでも是非!
miyanomamoru.com



            

宮野真守さんのライブパンフレット:作り込みがすごいって話①2011~2016

明日と明後日、宮野さんのライブ「MAMORU MIYANO COMEBACK LIVE 2021 〜RELIVING!〜」が開催されます。

それに合わせて、所持しているライブパンフレットを2本の記事に分けてご紹介します。

f:id:purple-karashi:20211007192537j:plain:w400

ライブ本編だけでなく、パンフレットもすごく凝った作りで素敵なのです。世界観が一貫しています。
宮野さんのライブのエンターテインメント性の高さをお伝えしたい!

以前のライブもDVDで見てはいたのですが、私が実際に会場で参加しているのは2011年のライブツアーからです。
※2010年のWONDERING!と2012年のFIGHTING!は参加していない為持っていません。

■MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2011 〜STANDING!〜

f:id:purple-karashi:20211007153523j:plain:w400 f:id:purple-karashi:20211007153531j:plain:w400

当時の渋谷CCレモンホール(渋谷公会堂)で初めて手にした宮野さんのライブパンフレット。
パンフレットを1つ買ったつもりが、ケースから小冊子が4冊出てきました。びっくりです。
それぞれタイトルがあり、「Security Blanket」で白い毛布、「STAND UP」で白いスニーカー、「Guitar」で白いギター、「Paper plane」で白い紙飛行機…といったアイテムを用いて撮影されています。
しかも、テーマに合わせて冊子の紙も変えているんです。
「Security Blanket」は、柔らかさが出る粗めの紙。「STAND UP」は力強さを感じる光沢のある紙など。芸が細かすぎます。
この年は震災があり、宮野さんからの優しくも力強いメッセージが込められたライブでした。


www.youtube.com


■MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2012-2013 〜BEGINNING!〜

f:id:purple-karashi:20211007153709j:plain:w400 f:id:purple-karashi:20211007153717j:plain:w400

年末~年始にかけてのツアーだったので、年越し・お正月要素がふんだんに盛り込まれたライブでした。おそらくそれで和風な装丁。
近代日本的な衣装だったり紙風船や風車などのアイテムだったり…オシャレな「和」が散りばめられています。


www.youtube.com


■MAMORU MIYANO SPECIAL LIVE 2013 〜TRAVELING!〜

f:id:purple-karashi:20211007153739j:plain:w400 f:id:purple-karashi:20211007153750j:plain:w400

このライブは宮野さんにとって初めての日本武道館ライブ。
今では声優ライブやアニメイベントが多く開催されていますが、男性声優として単独で”武道館ライブ”を行ったのは宮野さんが史上初でした。
タイトル通り、「旅」がテーマのライブ。
パンフレットは、旅を記録するノートに見立てたハード仕様です。
なんと後ろのほうのページは真っ白なのです。
f:id:purple-karashi:20211007153813j:plain:w400
しかもかなりのページ数。
まだまだ旅は続くよというメッセージだと受け取っています。

このパンフレットにまつわる、大好きなエピソードがあります。
ライブ当日、宮野さんのお母さんが会場へ観に行っていたそうです。
武道館でライブをやるまでに大きくなった宮野さんを見て、褒めると同時に「自分の息子じゃないみたい〜」といった内容のメールがお母さんから宮野さんに届いたとのこと。
それを受けた宮野さん、「パンフレット見てみて。母さんにそっくりだから。」と返したんですって。
パンフレットの中に、長髪のウィッグを付けた写真もあったんですよね。それがお母さんにそっくりだったと。
当時宮野さんが笑い話としてラジオで話していましたが、親子愛がある、なんて素敵な返事なんだと私は感激しちゃって、ずっと覚えています。
お母さんも嬉しかったでしょうね。

素晴らしかったライブの雰囲気がわかるのでどうか公式の動画をみてください…

www.youtube.com


■MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2014 〜WAKENING!〜

f:id:purple-karashi:20211007153848j:plain:w400 f:id:purple-karashi:20211007153855j:plain:w400

このパンフレットは、絵本のような装丁です。かわいい。
白雪姫、ピノキオ、不思議の国のアリスなど5つのお伽話をモチーフにした写真で構成されています。ライブ本編の演出や衣装としっかりリンクしているのです。


www.youtube.com


■MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2015 〜AMAZING!〜

f:id:purple-karashi:20211007153918j:plain:w400 f:id:purple-karashi:20211007153927j:plain:w400

こちらはアメリカのマガジンのようなイメージです。
このパンフレットの撮影用に、AMAZING!のマークが入ったオシャレなベルトやリングをわざわざ作って着用しています。
ライブグッズであるアクセサリーやバッグが、まるで雑誌広告のようにデザインされて載っているページもあって面白い。
この年、「Magic」という曲をロサンゼルスでレコーディングしていました。宮野さんがアメリカで受けた影響が大きく反映されたライブツアーでした。


www.youtube.com


■MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2015-2016 〜GENERATING!〜

f:id:purple-karashi:20211007154144j:plain:w400 f:id:purple-karashi:20211007154151j:plain:w400

「創成」がテーマのライブでした。
パンフレットは「光」からいろいろなものが生み出されていくようなイメージです。
衣装も場所もシチュエーションも様々な写真で、役者だなあと感じるパンフレットです。


www.youtube.com



ちょっと長くなりますので、続きは明日投稿します。

ついに明日、「RELIVING!」開催です。
本会場であるぴあアリーナMMでも、ライブビューイングでも配信でも、あらゆる手段で参加することができます!
ご興味のある方は是非参加しましょう!絶対に楽しい時間を過ごせます。

miyanomamoru.com