紫からし検品所

ミニマリストになりきれない私の持ち物、全部掲載。こだわり紹介や思い出話をしながら、持ち物を整理していきます。ときどき動植物の観察日記も。

食器用洗剤など:ラベルを剥がして変身

本日は、食器用洗剤など消耗品の紹介です。
使い心地よりも、主に見た目のお話しです。

食器洗いには、キュキュットを使用しています。
こちらにした理由は、

白い容器が欲しかったから。

f:id:purple-karashi:20210924085945j:plain:w400
これを…

f:id:purple-karashi:20210924085955j:plain:w400
こう!

このように、ラベルを剥がせば真っ白な姿になるものを探していました。
白い容器ならば、キッチンに馴染むからです。
f:id:purple-karashi:20210924090016j:plain:w400
昨日投稿した記事でしれっと登場していました。

洗剤自体の使い心地も良いので、中身が減ったら詰め替え用の液を補充します。

このように、普通に販売されているもののラベルを剥がすとキレイな姿になるものはたくさんあります。

我が家のラベル剥がしコレクションを一部ご紹介。

それぞれ、元の姿が何か分かりますか?

f:id:purple-karashi:20210924090035j:plain:w200 f:id:purple-karashi:20210924090040j:plain:w200
f:id:purple-karashi:20210924103602j:plain:w200 f:id:purple-karashi:20210924092842j:plain:w200


正解はこちら。

 
 

このような生活感溢れるアイテムたち、カラフルで文字が入ったラベルを付けたまま置いているだけで部屋全体がゴチャっと見えてしまうんですよね。剥がせば一気にシンプルになり、部屋に馴染みます。

商品を作る側・売る側としては、「店頭で商品を認識してもらうこと」「魅力を伝えること」「正しい取扱い方法を伝えること」が重要で、ラベルはきっと大切なパーツなのだとは思います。
剥がさないでー!と、各商品のメーカーさんには思われるかもしれません…注意事項等が書いてありますから。
剥がしちゃってすみません。
中身や使い方、注意事項が分からなくなりそう!という方は剥がさないでくださいね。
または、ラベルを撮影しておいて使う時に確認できるようにしておく等の対策をしましょう。

ラベル剥がしは自己責任で楽しんでください!


食器用洗剤としては、以前使っていたジョイもオススメです。
カラーが豊富で、容器はクリアボトル。
キッチンのテーマカラーに合わせて色を取り入れることができます。
私はキッチン小物をレッド系で揃えているので、つい先日までグレープフルーツの香りを使っていました。
1つのクリアボトルに複数のカラーを入れる「カラフルジョイ」も以前話題になっていましたね。


衣料用洗剤もラベルを剥がしています↓
purple-karashi.hatenablog.com